こむら返り | つぼ指圧 健康のつぼ指圧
RSS | ATOM | SEARCH
つぼ6つぼ5つぼ4つぼ3 つぼ2つぼ1 
こむら返り2
こむら返り2 つづき

足三里、,里弔椶鮖悵気靴晋紊砲、

ふくらはぎにある承山(しょうざん)のつぼを指圧する事によって、

予防にもなります。

★場所★

アキレス腱の左右中央から真っ直ぐ上に行くと、ふくらはぎの盛り上がりに当たります、

その手前がとぼです。

こむら返りが起きた時はふくらはぎが硬くなっており、指圧して筋肉を緩めて再発を止めます。

★指圧方法★

気と血液を散らす方法でします

1,2と2つ数える瞬間(0.5~1秒)に さっと浅く圧力をかけ、

一定の強さに達したら、5つ数える間(1~3秒)圧をかけ続け

1,2と2つ数える瞬間に、さっと指を離し圧力を抜きます

3~5分間指圧します。





author:パピネン, category:こむら返り, 14:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
こむら返り
足三里
あしさんり

足三里と,陵枸誉瑤呂海爐虔屬蠅里弔椶任。

症状が出ている部分を揉んだりすると、かえってひどくなります。

離れた場所のつぼ指圧ならば、安全かつ速やかに改善ができます。

こむら返りは症状がある場所によって指圧つぼを使い分けます。

足の前面、指など反るように痛い場合は足三里を指圧します。

ふくらはぎの筋肉が痙攣する場合は,陵枸誉瑤里弔椶鮖悵気靴泙。

下肢にはヒ骨神経と云う神経が通っています。

足の使いすぎや疲労、冷えなどによって、この神経が興奮して、筋肉が痙攣するのがこむら返りです。

この神経は足三里のつぼあたりで二つに分かれており、

一つは筋肉の浅いところを、もう一つは筋肉の深いところを通っています。

浅いところは胃経、深いところは胆経の神経が関係しています。

この2つは経絡の重要なつぼで、これらを指圧すると、

神経の興奮が鎮まり筋肉の緊張が和らぎ、こむら返りが解消できます。

★場所★

膝を立て足のすねの前の骨に手をあて、膝に向かってすり上げて行くと膝下の骨の出っ張りに当ります。

そこから足の小指側に(外側)2センチほど行った所がとつぼです。

,詫枸誉(ようりょうせん)です。

★指圧方法★

気や血液をめぐらす方法です。

1,2,3と3つ数える間(役1~2秒)自然に圧力を加えていき、

一定の強度に達したら、7つ数える間(3~5秒)押し続け、1.2.3.と3つ数える間

(1~2秒)に徐々に力を緩め、指を離す。

3~5分間指圧をします。

★温熱刺激

お香、線香、お灸、タバコ(これはすすめられませんが!)を用いる方法です。

火を1cmほどつぼに近づけ、熱さを感じたら離し、近づけを7〜15回

繰り返します。ヤケドに注意!!

今回はお灸
モバイル用↓
せんねん灸オフ レギュラーきゅう 伊吹 80点入


リンクはカロリー早見表
おもしろ暇つぶし
パピネンの小鳥倶楽部
@美人ブログ
アート画像写真デジタルアートです。


author:パピネン, category:こむら返り, 14:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark