糖尿病 通風 | つぼ指圧 健康のつぼ指圧
RSS | ATOM | SEARCH
つぼ6つぼ5つぼ4つぼ3 つぼ2つぼ1 
通風に効果のあるツボ
JUGEMテーマ:糖尿病

通風に効くつぼ腎喩(じんゆ)の紹介です。

背中にあるこの腎喩(じんゆ)のつぼは排尿を促す作用があり、尿酸の排泄を促進させます。


腎喩(じんゆ)場所

うつぶせに寝て肩から肘を体のわきにつけます。

この時左右の肘を結んだ線上で、背骨にある骨の出っ張りを探します。

この背中の出っ張りの中央から手の2本の指(人差指と中指)の横幅の長さだけ、それぞれ左右に進んだところが腎喩(じんゆ)のつぼです。


指圧方法

どちらかの腕を下にして横になり体の上にある側の手の親指をつぼに当て
この形で指圧をします。

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。

3〜5分間指圧をします。




author:パピネン, category:糖尿病 通風, 15:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
通風に効くツボ八風(はっぷう)
JUGEMテーマ:糖尿病


通風
八風
通風のつぼ八風(はっぷう)

通風の発作は激烈でその名前が表すように、風がふいただけでも痛いといいます。

通風の発作は尿酸という物質が血液や尿中に増えるために起こります。

尿酸はプリン体という物質が体内で代謝された最終物質です。

プリン体は体内でも合成されますし、また食べ物にも含まれています。

なので、プリン体を多く含む食べ物をたくさん食べたり、カロリーをとり過ぎたり、アルコールを飲みすぎたりすると、尿酸が増えると考えられています。

一方、代謝から見ると、抹消の血液循環が悪い為に尿酸が排泄されず、た、まりやすくなっていると考えられます。

抹消の血液循環を良くして、尿酸をたまりにくくするのが足の指にある八風(はっぷう)です。

八風は経絡に属さないつぼですが経絡の1つである脈絡とつながっているので、このつぼを刺激すると各経絡の気血の流れがよくなります。

尿酸値の高い人は病院の治療を受け食事療法をキチンと行うのが基本です。

しかし併せて発作の予防に八風のツボを指圧すると大変、効果がありますよ。


八風場所

足の付け根の間にあります。

足の指の間の付け根にあります。

5本指なので4箇所、左右合わせて8箇所あります。


八風押し方

親指と人差し指を使って、左右のつぼを刺激します。

気と血液を散らす方法でします

1、2と2つ数える間に圧力をかけ一定の強さに達したら、1〜3秒押し続けます。

これを3〜5分間、通風発作予防のため1日11します。





author:パピネン, category:糖尿病 通風, 13:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
糖尿病に効果あえう足三里のツボ
JUGEMテーマ:糖尿病


糖尿病にも効く足三里
あしさんり

足三里も糖尿病に有効です。


足三里場所

膝を立て足のすねの前の骨に手をあて、膝に向かってすり上げて行くと膝下の骨の出っ張りに当ります。

そこから足の小指側に(外側)2センチほど行った所がつぼです。

ちなみに,詫枸誉(ようりょうせん)です。


指圧方法

左右の足三里を押してみて、痛気持ちいい痛みがある方15回、反対は7回それぞれお灸をします。







author:パピネン, category:糖尿病 通風, 14:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
糖尿病のつぼ隠白(いんぱく)
JUGEMテーマ:糖尿病


糖尿病のつぼ 隠白(いんぱく)
糖尿病

糖尿病の人が増え続けています。

糖尿病にはインスリン依存型と非依存型があります。

その多くは食べ過ぎや運動不足過度のストレスなどが原因で血液中の血糖値があがります。

糖尿病の治療は進歩してきましたが、基本は低カロリーの食事療法と運動療法である事に変わりません。

けれどいったん発症すると、血糖値のコントロールがうまくいかない人が多いようです。

しかし、初期の段階ならツボ指圧が有効です。

東洋医学では、糖尿病は脾経、胃経の気血の流れが順調でないために起こると考えます。

特に脾経は消化器全体をコントロールします。

これらの経絡に異常があると満腹感がなかなか得られません。

必要以上に食べるため、血糖値が上がって糖尿病になるのです。

脾経のツボのうち、足にある隠白(いんぱく)のつぼは血糖値のコントロールに最も威力を発揮します。

脾経、胃経の流れを整え、食欲が抑えられるのです。

満腹感が得られないという方は、是非一度おためし下さい。


隠白(いんぱく)場所
足の親指の爪の生え際の外側の角から外の方へ1〜2ミリ行ったとこです。


指圧方法

左右のつぼを押してみます。

ふつう血糖値の高い人は右のつぼに強い痛みがあるでしょう。

反応の強い方を重点的に指圧します。

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。








author:パピネン, category:糖尿病 通風, 14:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark