ひざ痛 | つぼ指圧 健康のつぼ指圧
RSS | ATOM | SEARCH
つぼ6つぼ5つぼ4つぼ3 つぼ2つぼ1 
ひざの皿の痛みに効くツボ髀関(ひかん)
JUGEMテーマ:関節痛


ひざの皿の痛みに効くツボ髀関(ひかん)
髀関(ひかん)
髀関(ひかん)

ひざの痛みには、ひざのお皿の部分が痛むタイプもあります。

このタイプは運動が原因で起こることがよくあり「ジャンパーひざ」とも呼ばれます。

バスケットボールやバレーボールなどの跳んだり跳ねたりの動作や、マラソンなどの長い距離を走る事を繰り返し行う事で発症します。

また、長い年月をかけてひざのお皿の部分に痛みが現れる事もあります。

軽いうちは歩いた後などに痛みが生じ、ひどくなるとあぐらがかけなくなります。

ひざのお皿の部分の痛みは胃経の気血の働きの低下が関係していると考えます。

ひざにある髀関(ひかん)のツボは胃経の重要なツボです。

このツボを刺激すると、胃経の気血の働きが高まりひざの外側の動脈の流れも回復しその結果ひざのお皿の痛みが和らぎます。


ひざの皿の痛みに効くツボ髀関(ひかん)
場所

床に腰を下ろし膝を軽く曲げます。

太ももの付け根のシワの一番端(体の外側、外くるぶし側)から、シワに沿って斜め下方へ、手の指3本の横の幅の長さだけ下がったところ、説明がややこしいですが、図を参照しながら探してて下さい。

左右両方にあります。


指圧方法
痛みがでている側のツボを刺激します。

床に座って刺激する側の足を軽く曲げ、反対の足を投げ出します。

または椅子に腰かけ刺激する側の足を上にして組みます。

そして、手の親指の腹をつぼに当てて

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。

これを一日2回3〜5分、朝晩に指圧をします。



author:パピネン, category:ひざ痛, 14:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ひざの痛みを解消するツボ陰谷(いんこく)
JUGEMテーマ:関節痛


ひざの痛みを解消するツボ陰谷(いんこく)

陰谷(いんこく)
陰谷(いんこく)

体の関節のうちでも、ひざの関節はとりわけ頻繁に使われ痛みのでやすい場所です。

動作のたびに体重がかかるので、肥満や老化、過度の運動ねどによって無理な負担がかかり、痛みが現れるようになります。

ひざの痛みは放置すると、全身の健康状態が悪くなるばかりか、年をとってからは活動範囲をせばめてしまい、それがきっかけでボケや寝たきりに進みかねません。

軽視しないで早く治したいものです。

ひざの痛みにもいろぴろありますが、こちらではひざの内側上後方の痛みを解消する陰谷(いんこく)のツボをご紹介します。

このタイプのひざの痛みは腎経の気血の働きが低下して起こると考えます。

腎経のツボである陰谷(いんこく)はひざの炎症を和らげるツボです。

ツボを指圧する事で、痛みがその場で和らぐほどの効果がありますので、ひざの痛みにお悩みの方は是非、おためし下さい。


ひざの痛みを解消するツボ陰谷(いんこく)
場所

ひざをくの字に軽く曲げると、ひざ内側にシワができます。

そのシワの親指側(内側)で、ひざ頭側の端が陰谷(いんこく)つぼです。

左右両方にあります。


ひざの痛みを解消するツボ陰谷(いんこく)
指圧方法

親指の腹をつぼに当てて、

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。
3~5分間指圧をします。

一日2回 朝晩に指圧をするとより効果的です。




author:パピネン, category:ひざ痛, 14:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ひざ痛解消のツボ膝関
JUGEMテーマ:関節痛


ひざ痛解消のツボ膝関

膝関

ひざの痛みにはひざの内側の下前方に痛みが出るタイプもあります。

典型的なひざの痛みのタイプの1つです。

ひざを曲げる時や、階段を昇るとき等に痛みを感じます。

このタイプのひざの痛みは脾経の働きが低下して起こると考えます。

脾経は血を集めて全身へ巡らせる働きをになっています。

その働きが低下すると、全身へ血液がうまく循環せず、ひざの内側の血液のめぐりも悪くなります。

そのため、ひざのこの部分に痛みが生じやすくなるのです。

ひざの内側下前方にある膝関のツボは肝経のツボですが、肝経と脾経は密接な関係にあるので、この膝関のツボを指圧すると動脈の血液循環が高められ、その結果痛みが改善できます。


ひざ痛解消のツボ膝関
場所
曲泉のつぼの下にあります。
曲泉のツボの場所はこちらから

ひざを深く曲げると膝の裏側に深いシワが出来ます。

このシワの内側、親指側の端が曲泉のつぼです。

そこから真っ直ぐ下の足首寄りへ、手の親指の長さだけ行った所です。

左右両方にあります。


ひざ痛解消のツボ膝関
指圧方法

床に腰を下ろして指圧する側の足を立てます。

もう片方の足は伸ばします。

この姿勢で反対側の手の親指の腹を使って押します。

気や血液をめぐらす方法です。

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。

一日2回の朝晩に指圧をすると効果的です。



author:パピネン, category:ひざ痛, 14:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ひざの裏の痛みに効くツボ曲泉
JUGEMテーマ:関節痛



ひざの裏の痛みに効くツボ曲泉

曲泉
曲泉(きょくせん)

ひざの裏の内側中心あたりも、ひざの痛みがよく出る部分です。

特に正座をしようとする時に痛みがはしります。

そのため全く正座が出来なくなります。

このタイプのひざの痛みは東洋医学では、肝経の気血の働きが低下する事によって起こると考えます。

ひざの内側を通っている動脈の血液循環が悪くなっていて、そのために痛みが発生するわけです。

この動脈の血液循環が回復し、血液が順調に流れ出すとひざの痛みは改善していきます。

このひざの痛みに指圧すると効果を発揮するのが、足にある曲泉(きょくせん)のツボです。

曲泉のツボは肝経の重要なツボで、このツボを指圧すると肝経の気血の働きが高められ、ひざの内側を通っている動脈の血液循環が促進され、その結果痛みが軽くなるのです。

特に正座をすると痛みがひどい、という人は是非試してみて下さい。


ひざの裏の痛みに効くツボ曲泉
場所

ひざを深く曲げると膝の裏側に深いシワが出来ます。

このシワの内側、親指側の端がつぼです。左右両方にあります。


押し方
床に腰を下ろして指圧する側の足を立てます。

もう片方の足は伸ばします。

この姿勢で反対側の手の親指の腹を使って押します。

気や血液をめぐらす方法です。

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。


一日2回朝晩に指圧すると効果的です。





author:パピネン, category:ひざ痛, 15:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark