頭痛後頭部対策のつぼ 通谷(つうこく) | つぼ指圧 健康のつぼ指圧
RSS | ATOM | SEARCH
つぼ6つぼ5つぼ4つぼ3 つぼ2つぼ1 
頭痛後頭部対策のつぼ 通谷(つうこく)
頭痛後頭部対策のつぼ 通谷(つうこく)のご紹介です。

通谷
通谷(つうこく)のつぼ

後頭部に頭痛のある人は首の後ろ側の筋肉がこり硬くなっているケースがよくあります。

筋肉が硬くなっっているため、ここを通る動脈が圧迫され頭部への血液循環が悪くなり、その結果後頭部に頭痛が起こるケースです。

この部分におこる頭痛は、足にある通谷(つうこく)を指圧すると、痛みが和らぎます。

後頭部の頭痛は肝経、脾経の働きが低下する事によって、膀胱経、小腸経の流れが順調でなくなるために起こると考えます。

通谷(つうこく)は膀胱経のツボ、ここを指圧すると膀胱経をはじめ関連する経絡の流れが整ってきます。

それとともに血液循環がスムーズになり首の後ろの筋肉のこりも取れ、頭の後頭部の痛みが解消されるのです。


通谷(つうこく)
場所

足の小指の付け根を触って下さい。

指で小指の側面をかかとの方へたどっていくと、小指の付け根の関節にあたります。

その手前にあるくぼみが通谷(つうこく)のつぼです。

左右両方にありますので、痛む側を重点的に指圧します。


通谷(つうこく)
押し方

人差し指を使って、1、2、3と数えながら押してい、一定の強度に達したら3〜5秒押し続けます。

そして1、2、3と数えながら徐々に力をゆるめ指を離します。

3〜5分指圧すると効果的です。





author:パピネン, category:頭痛, 19:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.uranaie.com/trackback/473113