尿失禁、尿もれ対策のつぼ然谷(ねんこく) | つぼ指圧 健康のつぼ指圧
RSS | ATOM | SEARCH
つぼ6つぼ5つぼ4つぼ3 つぼ2つぼ1 
尿失禁、尿もれ対策のつぼ然谷(ねんこく)
JUGEMテーマ:冷え性



尿失禁、尿もれ対策のつぼ然谷(ねんこく)


然谷然谷(ねんこく)

尿失禁、尿もれは前立腺肥大のために男性にもみられますが、一般的には女性特に高齢の女性に多く見られる症状です。

これは基本的に尿道が男性に比べて短い事が関係しています。

加えて、骨盤内の筋肉の力が弱い為に起こると考えられます。

治療法としては、骨盤内の筋肉を強化する体操を指導しますが、症状が進行して尿がしたたり落ちるようであれば医師の治療をうけなければなりません。

しかし、軽いうちでしたらつぼ指圧で症状の改善や予防に効果が期待できます。
東洋医学では肝経、腎経の気血がじゅうぶんめぐっていないと、尿道をはじめ骨盤内の筋肉の働きが低下して尿失禁、尿もれがおこると考えます。

然谷(ねんこく)のツボは肝経、腎経の働きを高める作用がとても優れており尿失禁の改善に役立ちます。


然谷(ねんこく)
場所

足の内のヘリにあります。

左足の場合、左足が上になるようにあぐら座りをします。

手の親指の先を内くるぶしの少し手前の下の方の骨を探します。

骨のヘリに沿って足裏のほうへいくと、骨のすぐ下に窪んだ所があります。

そこが然谷(ねんこく)のツボです。


指圧方法

1、2、3、と3つ数えながら徐々に押していき、
一定の強度に達したら7つ数えながら3〜5秒押し続けます。

そして再び1、2、3、と3つ数えながらに徐々に力を緩めていきます。
3~5分間指圧をします。左右のつぼ指圧を1日1回します。





author:パピネン, category:膀胱炎 そけい部 頻尿 夜尿, 17:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.uranaie.com/trackback/675290