赤ら顔 | つぼ指圧 健康のつぼ指圧
RSS | ATOM | SEARCH
つぼ6つぼ5つぼ4つぼ3 つぼ2つぼ1 
赤ら顔
行間

赤ら顔のつぼ 行間(こうかん)

のぼせの状態で顔が赤くなるのを赤ら顔と云います。

肝の働きの高ぶりなどで起こります。
顔面に血液と熱が集まってきて、赤くなります。

自律神経の交感神経が高ぶるのです。

足のこのつぼを指圧すると赤ら顔の改善になります。
このつぼは肝経の性格を強く表わすつぼで、

熱のコントロール及び鎮める働きをもつ所です。

顔が赤い時に指圧すると肝経の働きが正常になって、
交感神経の興奮がおさまります。

即効性があり、速やかに赤ら顔が治ります。
このつぼ指圧を習慣にすると、なお改善に効果があります。

★場所★
足の親指と人差し指の間の水かきの赤と白色(足の表と裏の境目)
の中央の甲側の赤白肉際にあります。

★指圧方法★
左右のどちらかが腫れたりしています。
痛い方のみ指圧を施します。

気と血液を散らす方法でします
1,2と2つ数える瞬間(0.5~1秒)に さっと浅く圧力をかけ、

一定の強さに達したら、5つ数える間(1~3秒)圧をかけ続け
1,2と2つ数える瞬間に、さっと指を離し圧力を抜きます
3~5分間指圧します。

一日2回朝晩にします。





author:パピネン, category:むくみ ほてり 赤ら顔, 17:51
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2010/01/14 5:21 PM









Trackback
url: http://blog.uranaie.com/trackback/712837